FC2ブログ

親の工夫で小学校受験に挑む!

コネなし早生まれ普通の幼稚園から小学校受験を目指しました。遊びの中で学ぶことを大切にし見事合格しました♪

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
 にほんブログ村

< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >
[ 全記事一覧 ]


スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の数字センスが問われるカラーキューブの選び方
2013.03.30 (Sat)

先日に続いて積み木の数についての記事です。
積み木の学習によく使われる「カラーキューブ」ありますよね。

白木のものなどいろいろありますが、有名なのはこの2つ。
くもん ずけいキューブつみき」と「パズル道場 カラーキューブ64」。

どちらを買いますか?





くもん ずけいキューブつみき
10個×5色の計50個
2.5×2.5×2.5cm
パターンカード(36例)


パズル道場 カラーキューブ64
16個×4色の計64個
2cm×2cm×2cm


くもん ずけいキューブつみき」の魅力は何と言っても、
パターンカードが入っているところです。
これを見ながら作っていけば簡単に積み木の勉強ができます。

そして10個×5色入っているので、
5の認識、10の認識についての遊びができますよね。

しかし私が買ったのは「パズル道場 カラーキューブ64」。
何故これを選んだか。

積み木の数を数える時に基本となるのは立方体。
立方体を作ろうとしたとき、積み木はいくついるか?

まずは、1個。その次は、
1辺2個で計8個で作れます。
1辺3個で計27個で作れます。
1辺4個で計64個で作れます。

つまり「パズル道場 カラーキューブ64」だと、
計8個でつくる立方体が1色で2個作れます。
さらに計64個で4個×4個×4個の立方体を作ることができます。
立方体

さらに1から10の階段を作るには計55個ブロックがいるので、
パズル道場 カラーキューブ64」の64個では作れますが、
くもん ずけいキューブつみき」の50個では作れません。
1~10の階段

上記の考え方で「パズル道場 カラーキューブ64」を選びました。
我が家で教えたいと思う事とおもちゃの内容が合っていました。
くもんのパターンカードは欲しかったので悩みましたが…。
くもんのほうは持ってないのでもしかすると素敵な使い方があるのかな。
もしあったら調べきれなくてごめんなさい><

沢山あるおもちゃの中でどれを使って何を教えるか。
親のセンスが問われるところだと思っています。
でもきっと正解はなくて、それが個性につながるのかとも思っています。

にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

 | HOME | 

お勧め情報



◆カテゴリ◆

10か国語が学べます
乳幼児期に耳を作ろう☆
私も持ってます♪お勧め!


Calendar


11 ≪ 2018/1201
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。