FC2ブログ

親の工夫で小学校受験に挑む!

コネなし早生まれ普通の幼稚園から小学校受験を目指しました。遊びの中で学ぶことを大切にし見事合格しました♪

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
 にほんブログ村

< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >
[ 全記事一覧 ]


スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同数発見をすばやく解く(小学校受験)
2015.11.20 (Fri)

同数発見はたくさんの形や絵をすばやく数え、それらと同じ数の集まりを探す問題です。


すばやく回答しないといけないタイプの問題ですので、
数えなおしや数え間違いをしている暇はありません。
つまり数をきちんと数えらえることのほかに、数を記憶することが大切です。
「左の絵(6個)と同じ数のものに丸を付ける(解答部分=7個、8個、6個)」
という問題で、一度数えた数を忘れているようでは、
時間内にすべての問題が解けきれません。

我が家では1,2,3~と数える練習もしましたが、
2飛ばし、3飛ばし、4飛ばし、5飛ばし、10飛ばしの数え方もやっていました。
もちろんそんなに大きい数まで数えられなくてもいいかなと思ったので、
20くらいまでですが。

道具は何でもいいと思いますが、花はじきや百玉そろばんをよく使っていました。



さて、正しいかどうかは別として、うちでやった数え方を紹介します。
メガネの問題なら「3,3,2」で数えます。
うちわの問題なら「3,5,2」で数えます。

全部の数がいくつかということはこの数え方では分からないのですが、
同じ数かどうかは判別できます。
一目で数を数えられる子であれば、この方法だとサクサクと同数が見つかると思います。


にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

お勧め情報



◆カテゴリ◆

10か国語が学べます
乳幼児期に耳を作ろう☆
私も持ってます♪お勧め!


Calendar


09 ≪ 2018/1011
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。