FC2ブログ

親の工夫で小学校受験に挑む!

コネなし早生まれ普通の幼稚園から小学校受験を目指しました。遊びの中で学ぶことを大切にし見事合格しました♪

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
 にほんブログ村

< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >
[ 全記事一覧 ]


スポンサーサイト
--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重なり図形を教える方法(小学校受験)
2016.03.07 (Mon)

こういうタイプの重なり図形を理解させるために
透明なプラ版(下敷きなどでも)を100均で購入し、
それにホワイトボード用のペンで線を書き込み、重なりを実際に見せていました。
「平行移動して重ねる」「折り重ねる」どちらのパターンにも対応できます。
IMG_2755.jpg

我が子は線がどこに移動するのかというのは
比較的簡単に理解してくれましたが、
「紙が動く方向」を見落とすケアレスミスが多かったです。

例えば、問題が5問並んでいるとき、
上3問は右から左に移動、下2問は左から右に移動、というふうに
矢印の向きが途中で変わっていることに気づけないということです。

紙が重なっているタイプの重なり図形もありますよね。
これ大人から見たら当たり前すぎるのに子どもには難しいみたいです。
うちでは折り紙を実際に重ね理解させました。
親が問題を手作りするのであれば、
細長い何色かの折り紙を重ね合わせ模様にしたものを台紙に貼ります。
それと同じものを子どもに作らせる(糊や工作の練習にも!)と
遊び感覚で重なり図形が学べると思います。
IMG_2754.jpg

こぐま会の「かさねパズル」も活用しました。
正しい順序で重ねないとお手本と同じ図にならないので結構難しいです。


さらに重なり図形が発展したものに「点図形の重なり図形」もあります。
点図形も重なり図形も確実に理解できた後に
「点図形の重なり図形」に進みました。
「点図形の重なり図形」、すごく難しいんですが、
意外と出来上がった形が何かの形(家とか花とか)になっています。
最初はそういう絵になる問題からやっていき、
「絵になったよ!すごいね!」みたいな感じでテンションあげてました。





重なり図形以外の図形も網羅されていますが、
個人的に難しい図形の問題集は中研だと思いました。
問題も難易度が高いのですが、
なにより白黒で幾何学な図形が1ページにずらっと並んでいて
目がチカチカします!正直大人でもこれは。。。と思う配置です。
これが出来たらたぶんペーパーでパッと見難しそうな問題が
ずらっと並んでいても気後れせずにできます。
ペーパーの見た目に負けない、一見難しそうでもやれば
解けるという経験を積ませるためにかなり活用した問題集です。





にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

お勧め情報



◆カテゴリ◆

10か国語が学べます
乳幼児期に耳を作ろう☆
私も持ってます♪お勧め!


Calendar


11 ≪ 2018/1201
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。